突然の為にも把握する

葬儀のときに必要な費用

葬儀をするには葬儀費用がかかります。多くの場合、葬儀会社を利用しますが、利用するプランの内容によってどのくらいの費用がかかるのかが違ってきます。 プランは一番安いと火葬式が15万円〜25万円くらいで行えます。火葬だけするので、ほとんどが火葬料です。その次に安いのが一日葬で、30万円〜50万円程の費用で行えます。一日葬は通夜、葬儀、告別式を一日でとり行う葬儀のことです。最近需要が高い「家族葬」は、50万円〜80万円位でとり行えます。家族葬は遺族、友人たちだけで行う葬儀のことで、故人とゆっくりとお別れができます。 基本的にどの葬儀も「祭壇のランク」「告別式料理等のランク」「返礼品のランク」によって料金が違ってきます。

時代とともに変化するお葬式

お葬式というのは現代に残っている昔からある宗教や習慣にかかわる儀式です。お葬式に参列すると独特のマナーがありますが、そうしたマナーは一般常識として昔から受け継がれてきたものです。また、同じ仏教のお葬式でも、地域によってもだいぶ色合いが違うことがあります。お葬式は地域の風習を反映して行われることが多いため、土地ごとに習慣もマナーも違うのです。 しかし、今は昔から伝統的に行われてきたお葬式が消えつつあります。通夜も2時間程度の「半通夜」が普通になり、仮通夜も本通夜も行わない所が多くなりました。また、葬儀と告別式はもともと別に行われる儀式でしたが、今は葬儀と告別式は同じ流れで行われるようになっています。